〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目14−11 HK 平河町5階
09:00~18:00
定休日 土日祝
トップページ > ハウスメーカーと工務店の違いは?住宅会社の4つのタイプを徹底解説

現役工務店スタッフが教える家づくりの基礎知識

ハウスメーカーと工務店の違いは?住宅会社の4つのタイプを徹底解説

住宅会社選びは、一生に一度の家づくりを成功させるために欠かせない大切なポイント。ハウスメーカーがいいの?工務店がいいの?まずは会社の規模や体制による住宅会社の4つのタイプについて、現役工務店スタッフが徹底解説します!

タイプ1:ハウスメーカー(大手住宅会社)

全国各地に支店や営業所を持ち、自社内で大規模な生産体制を整えています。ただし、実際の工事は下請けの工務店に委ねていることがほとんど。大手ならではの安心感がある反面、膨大な広告費やモデルハウスの建築費などが価格に反映されている分、全体的に高価です。

タイプ2:工務店

プラン段階から引き渡しまで一貫して請け負ってくれるのはもちろん、土地探しや、施工後のトラブルにまで柔軟に対応してくれる、地域密着型の頼れる存在です。価格は低めですが、会社の規模でいうと中小企業の枠に入る場合がほとんど。信頼に足る会社か、健全経営かなどが重要な見極めポイントです。

タイプ3:設計事務所

個性的な家を建てたいと考えているなら、断然設計事務所がおすすめ。ただし、凝った家づくりをする都合上、建材を効率的に使うような手法をあまりとらないため、施工コストが高くなりがちです。

タイプ4:フランチャイズ

企画から宣伝までを手がける本部と、施工を行う加盟店︵主に工務店︶で構成されています。工務店単独では難しい部材の一括仕入れなどでコストダウンを図っているため、標準仕様内で建てれば安く建てることが可能です。